RODAN + FIELDS 使い始め1週間目

SOOTHE-Skincare-Program

RODAN + FIELDS [オフィシャルサイト]
肌悩みをもつすべての女性へ向けたスキンケアブランド。
健康で美しい肌は女性を輝かせます。
そんな願いを込めた化粧品たち。

◇ 使い始め1週間目
・使用方法
・朝、晩のお手入れの流れ
・使用感

RODAN + FIELDSの商品が到着して早1週間が経過しました。

まずはお手入れの方法について、より詳しくお伝えしていきたいと思います。

商品ラインナップはご覧の通り。
使用方法は商品パッケージも記載がありますが、一連でご確認いただくことでイメージが沸きやすくなるかと思いますので、ぜひご参考にしてください。

【商品ラインナップ】

①バランシングフェイスウォッシュ(洗顔料)スーズ バランシング フェイスウォッシュ
②スージングローション(化粧水)スーズ スージング ローション
③ハーモナイジングエッセンス(クリーム)スーズ ハーモナイジング エッセンス
④バランシングモイスチャージェル(ジェル)スーズ バランシング モイスチャー ジェル
⑤ミネラルプロテクター(日焼け止め)スーズ ミネラル プロテクター SPF30 PA+++

順番にひとつひとつご説明いたします。
最初の使い方の説明は、洗顔料から。

■スーズ バランシングフェイスウォッシュ(洗顔料)使用方法

スーズ バランシング フェイスウォッシュキャップをあけ、2㎝程度手に取ります。
水を加え、クリーム状になるまで泡立てます。
肌の汚れを落とし、きめ細かな肌を保つのに、洗顔は欠かせません。柔らかくクッション性のある泡を作ったら、お肌を撫でるくらいの感覚で優しく洗います。
優しく肌全体をマッサージするように泡を載せていきます。
終わったら水かぬるま湯ですすぎます。
優しい香りに包まれ、気分まで落ち着かせてくれます。
乾いたタオルでお肌を優しく拭いたら、しっとりする肌ざわりに気分も上がります。

スーズ スージングローション(化粧水)使用方法

スーズ スージング ローション洗顔が終わったら、次はお肌を潤す化粧水をつけていきます。
1回で使う量は500円玉程度。
手のひらかコットンに載せて、優しくお肌に化粧水をしみこませていきます。
すーっと伸ばしていくようなイメージです。
お肌の細胞ひとつひとつにまで、じっくりと届けるように意識しながら、お顔全体に潤いが入っていくのを実感してください。

■スーズ ハーモナイジングエッセンス(クリーム)使用方法

スーズ ハーモナイジング エッセンス化粧水でお肌に潤いを与え、馴染ませたら次は保湿のためのクリームをつけていきます。
このクリームはプッシュ式になっており、1-2回プッシュした量をお顔に伸ばしていきます。簡単に適量が測れるのも嬉しい要素。
潤いを逃さないように丁寧にお顔全体に伸ばしていきます。
伸びがいいのもこのクリームの特徴。
ほんの少しの量でも全体までしっかり保護膜を作るようにお肌を守ってくれます。

■スーズ バランシングモイスチャージェル(ジェル)使用方法

スーズ バランシング モイスチャー ジェル化粧水、クリームの次はモイスチャージェル。
さらにしっとりしたみずみずしいお肌へと近づけてくれます。
ジェルは乾燥に弱いので、重めのキャップでしっかり守られています。
雑菌が入らないよう、手に取るときは付属のスパチュラを使います。
スパチュラでパール2個分くらいをすくったら、こちらもお肌になじませるように伸ばしていきます。
しっとりと落ち着いたお肌へと仕上げる最後の工程。
柔らかなジェルの感触も、癒されていきます。

■スーズ ミネラルプロテクター(日焼け止め)使用方法

スーズ ミネラル プロテクター SPF30 PA+++お肌の大敵・紫外線。
健康で美しい肌を作ることも大切ですが、肌を傷つける要素から守ることも大切です。
SPF30 PA++の強さがあります。
外出する時など、必要に応じて、使用してください。
商品をよく振って、適量を手に取り、お顔に伸ばします。
少し多めにとって、首やデコルテ周りに使うのもおススメです。

日焼け止め以外は、朝晩同じようにお手入れします。
工程が簡単なのも忙しい女性には魅力のひとつ。
モニターの女性から使い始めの感想をいただきました。

https://bios-hokkaido.jp/wp/wp-content/themes/ego_woocommerce_tcd079/img/no-avatar.png

香りがとてもよくて使ううちに気分がすっきりします!お肌もしっとりしてきて、肌荒れもありません。なにより使いやすいのがいいですね!


とても好評なよう。

これからの変化がますます楽しみです。

20:58:20

関連記事

コメント

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。